トランプ、プーチン、習近平、 『安倍の言うことは聞かざるを得ないな…』

青山 繁晴 氏
居島 一平 氏


2017/11/13
『安倍総理を選んだ日本国民はすごい!』

居 島
共同通信によりますと日本の安倍総理とアメリカのトランプ大統領が
6日の日米首脳会談で、北朝鮮の核開発の阻止に向けて
圧力を最大限に高める方針を確認しました。

安倍総理は北朝鮮に対する独自制裁の対象を拡大し
35団体と個人の資産を凍結する方針を
7日に決定する方針をトランプ大統領に伝えました。

ただ、北朝鮮が非核化に応じる見通しは今のところなく
日本の安全を脅かすアメリカと北朝鮮の武力衝突のリスクは
今なおつきまとっています。

青 山
この共同通信の記事は、最近では珍しく正確なことが書いてあります。
北朝鮮が非核化に応じる見通しはないと書いてありますが
こういう難しい言い方するのやめて欲しいんですよね。
北朝鮮はもともと「核を持っていいなら話をする」と言ってるんですから。

「非核化」って言葉も変な日本語なんです。
「核放棄」って言えばいいんですから。

それから、日本の安全を脅かすアメリカと
北朝鮮の武力衝突のリスクはつきまとっているとやわらかく書いてありますが…
つきまとうというか…今回のトランプ大統領のアジア歴訪は戦争の準備です。

居 島
う~ん…。

青 山
戦争準備するということと戦争を決意してしまったということ
あるいは戦争をするというのは全く違います。
これは特に敗戦後の日本で誤解されていることで
「戦争準備をする」というのは「戦争する」ことだと
長年思い込んでしまってるんですよ。

戦争準備するっていうのはもし戦争になってしまった場合でも
戦争の被害を最小限度にする。
そして仮に武力衝突になってしまっても
それをなるべく短期で終わらせて双方に
被害が少なくするようにすることを準備というんであって
それが第二次世界大戦で負けたら日本は愛する人を守るためにも
もう戦うなという国にされてしまいました。

僕たちは戦争準備をするといえば
もう「戦争なんだ」と(考えが)繋がっちゃうんですけどそうではありません。
北朝鮮はトランプ大統領は北朝鮮に対して
喧嘩腰でアジアを回っていると言っていますが違います。
トランプ大統領は国際社会の第二次世界大戦後の
一般的なルールに従ってアジアを回っているんですよ。

それはどういうことかというと
一対一で勝手に喧嘩するということはやめましょうと。
一対一に見えても相手国にも味方の国がいるわけで
自分たちにも味方の国がいるのだから
相手国の味方ともそれぞれ話をしましょうと。
相手国が戦争を決意した場合に
相手国の味方の国にも戦争の同意をとりつけるのです。

これは集団で安全保障をするという考え方であり、
それが国連であり安全保障ということです。
もうひとつの言い方をすると集団的自衛権という言い方になるわけです。

一対一でやると必ず喧嘩になります。
例えば僕と一平ちゃんが饅頭の取り合いをしてる際に
大の大人が饅頭のことで喧嘩をしてもいいものか周りの大人に聞いてみよう。
そういう話なんですね。
それなのに戦後の日本は個別的自衛権は新しいけれども
集団的自衛権や集団安全保障は間違いだ戦争の道だと言っている。

はっきり言うとおバカさんがテレビ新聞
ラジオ大学のキャンパスにあふれかえっている。
そういう曇った眼で見ると
トランプ大統領のアジア歴訪もとんでもないことをしていると
安倍総理はそれに乗っかっていると判で押したように言っている。

僕はサンデーモーニングは見ないので
怒涛のようにやってくるメールで知るだけなのですが
メールを送ってきた人がサンデーモーニングを見てのけぞったと。笑

僕は最近虎ノ門ニュースでの発信について
ひしひしと周囲の期待を感じています。
寒い中放送局の外に集まってくださる一般の方達だけでなく
国会議事堂の中でも霞が関の官公庁でも
その話題ばかり話しかけてこられます。
びっくりするでしょう?
地上波がモリカケ問題のあたりから
皆の期待を裏切ったので(国民が)「いい加減にしろ!」となり
今までと違う新しいメディアを求めているのだと思います。

トランプ大統領は当選して一年、就任して10か月ですけれども
まだ弾劾の動きは消えてないし内紛は消えてません。
(議員である)僕の仕事はトランプ政権のおかげで困ってます。
国防省はだいぶマシなんですけども
国務省は惨憺たるありさまで未だに頼りないんですよ。
僕自身の仕事よりも日本の外務省のほうが気の毒なくらいですよ。

居 島
はぁ~…。

青 山
カウンターパート(国際協力の場において、現地で受け入れを担当する
機関や人物。対等の相手 )がいないんですよ。

居 島
あ~カウンターパートがねぇ。

青 山
外務省の人にどうしてんですかって聞いたらね。
「いや~もう…💦」て困り果てて頭をポリポリかいてる状態でした。
だからそういう実情ではあるんですがやはりトランプさんは賢い方だから
いろいろ学んで段々と正しい道というか王道に戻ってきつつあります。

僕は自由民主党の議員なので
我田引水になってはいけないので言いにくいのですが
今、安倍総理の役割というのは本当に大きいんですよ

これは今回のアジア歴訪で直接感じました。
アメリカからも
自由で開かれたインド太平洋を確保しましょう
と言われてます。
(自由で開かれたインド太平洋戦略とは
安倍晋三首相が2016年8月にケニアで開かれた
アフリカ開発会議(TICAD)で打ち出した外交戦略)

これは中国の独裁主義がこれ以上南シナ海などアジアを
おかしなことにしないようにするために重要な戦略で
トランプ大統領テイラーソン国務長官も
(安倍総理の打ち出した)
この外交戦略の言葉をそのまま使って言っています。
その他にもアメリカの国務省国防総省米軍からも
「この戦略いいよね~👍✨」って言ってくるんですよね。

今のところトランプさんとこういう話ができるのは実は安倍総理だけ
なんですよ。
こないだの選挙で安倍総理が安定した勢力(政権)を確保できたことが
海外にこれだけ響くのかと実感しました。

トランプ大統領
プーチン大統領
あるいは習近平中国国家主席から
これだけ安定した長期政権を確保したんだから
『安倍の言うことは聞かざるを得ないな…』
という雰囲気が満ち満ちてるんですよ。

それとは逆に日本国内がどれほど歪んでいるか。
皆さんが選挙で結果を出しているのに、
世論は違うんだと言う日本のオールドメディアが
どれほど歪んでしまっているのか…。
話はそこに繋がっています。

周回遅れの話になりますが
トランプさんがまだ日本におられたときに
北朝鮮へ独自制裁をするという話でしたが
はっきり言ってこれは効果はないと思います。

それより先ほどの戦争準備の話ですが
アメリカが一人で勝手に戦争をやるぞという時代は終わっていて
アメリカは日本の同意を得なければならないし
北朝鮮の味方である中国の同意もとりつけなければならない。
そういう話をするために非公式であるゴルフという場が必要だったのです。

戦争準備をする旅というのは戦争をするためではないけれど
北朝鮮の出方次第、引き金に指が乗っている状態になっています。
だから共同通信の「リスクがつきまとう」という言い方は弱すぎます。

トランプさんのアジア歴訪でリスクが柔らかくなっているという話ではなく
北朝鮮の出方次第でどうなるか…υという状態なのです。

これは何もしなかったオバマ政権の8年間に責任があります
1964年の東京オリンピックのときに
中国はオリンピックを無視して核実験をしました。
この時、中国の事実上の属国だった北朝鮮も中国に見習って核開発を開始し
実際はそれよりも前に開発を開始していたという話もあるくらいです。

北朝鮮が核開発をしていく中で開発が急激に進みだしたのは
クリントン政権のときですが
この時カーター元大統領が訪朝し北朝鮮と対話をしました。

日本も資金援助をするなどして
その時は一見北朝鮮は核開発をやめたかのように見えましたが
実は裏で核開発を急ピッチで進めていたのです。

それが最も急激に開発が進んだのがオバマ政権の8年間です。
なぜかというと北朝鮮は安心しからです。
それまでのブッシュ政権の戦争でアメリカは自国の若者を4500人も失い
アメリカ国民にはもう戦争はしたくないという雰囲気が満ちていました。

ですがアメリカは戦争によって経済を支えてきた国なので
白人は戦争はしないということは言えないんですよ。
ですが黒人のオバマさんは言えます。
オバマさんは
「アメリカは戦争しないし少なくとも地上軍は出さない」
「もう戦争はしなくていいんだ。アメリカの若者は死ななくていいんだ」
ということを打ち出して当選しています。
だから戦争できない。

その頃の日本で僕はこの話をメディアでしましたが
出るテレビ全部にこの話をカットされてしまいました。
テレビタックルにもカットされまして
僕はもうそれからテレビタックルには出なくなりました。怒

居 島
はぁ~…。

青 山
当時「オバマは神の子だ!」ということを言った
NHKの有名なチャネリストの方もいらっしゃいましたが
発言の責任をとるべきだと思います。

アメリカは素晴らしい民主主義国家で
オバマさんが素晴らしいから選ばれたって言ってましたが違うんですよ。
オバマさんが黒人だから戦争しないって言えただけです。

アメリカの良いところでもありますが、アメリカはそれを守ろうとします。
北朝鮮は日本のマスメディアや国会議員とは違って
しっかりその事実を理解していたので
オバマさんがいる8年間は大丈夫だと思って
一気に核開発を進めました。

その間に金正日お父さんが亡くなって
そのお父さんが作った核を息子の金正恩が周囲に売るわけですよ。

今は北朝鮮という国の出方ひとつで
悲惨な世界になるか
平和が続くかという状態になってしまいました。
こうなってしまったのはアメリカと日本と中国の責任です。
このような(世界の平和が)どうなるかわからないこの時に
日本で安倍政権という安定政権を打ち出した
日本国民というのは本当にたいしたものだと思ってます。
こんな言い方はどうかと思いますが、僕は本当に国民の皆さんに
「敬意を表します」 (軽く会釈)


ご拝読ありがとうございました。
尚、この対談の書き起こしは
相槌を削除したり、言葉の配列を変えるなど
読みやすいように、カスタマイズしています。



安倍総理も日本国民もやるなぁ…😃
と思われた方は下のバナーをポチっ凸✨とお願いします

     

人気ブログランキング

現在、世界の窓口は安倍総理。ついでに菅直人のダメダメっぷりも暴露

安倍総理、過去の日本外交史においてかつてないリーダーシップを発揮


櫻井 よしこ 女史
阿比留 瑠比 氏




櫻  井
さて、今夜は阿比留瑠比さんをお招きいたしました。こんばんは。

阿比留
こんばんは。よろしくお願いいたします。

櫻 井
こちらこそよろしくお願いします。
阿比留さんはですね、どなたに聞いても安倍総理の心を一番よく
理解していると言われる方です。

櫻  井
ユネスコに9か国15団体が申請していた慰安婦団体関連の
資料について。
この9か国15団体は、慰安婦団体は性奴隷であって日本による強制
連行だと非難する意味で、中国や韓国やイギリスまで加わってユネスコに
出していたものですが、今回ユネスコの委員会によって
「正式に先延ばしする」こととなりました。
これはものすごいことですよね?

阿比留
そうですね、今回の件については政府高官によると、
「今回は日本も相当頑張ったんだ」と、感想を述べていました。
日韓合意があったので
「すでにこの問題は最終的に不可逆的に解決」
だと日本政府も主張しやすかったんでしょうね。
このように、安倍政権になって歴史問題についても主張を
するようになりました。
まだまだ足りませんけれども、今回の件を良い例にして
頑張って欲しいですね。

櫻  井
今までの歴史問題では日本は連戦連敗と言える
状態でしたがここにきて初めて反撃反論し、
ユネスコという国際社会を相手にして、激しい反論ではなく
非常に地道にきちんと説得し、
制度改革という根本的なところを成し遂げたわけです。
 
日本は、「日本に対する慰安婦関連の非難がダメと
言ってるのではなく、あなたの国にも
理不尽な意見が突き付けられたとしたら、今のような
ユネスコのあり方では困りますよね?」と、
ものすごく正統派の説得工作をしました。
そのことが私はすごかったと思うんです。

阿比留
そうですね…今までは国連機関の言うがまま
あるいはNPOやNGOの言うがままに
日本政府は問題を座視しておりました。
放っておいた方がいい。波風立てたくない…と、そればかりでしたね。

櫻  井
私、今回のユネスコのことでは外務省を褒めてやりたいと
思っているのですが、
これは安倍総理のイニシアチブがあったからこそ…
政治のトップリーダーとしての決意がなければ
できなかったことだと思います。

阿比留
そうですね。
外務省という役所は特に政治的な役所ですから、
安倍総理と同じ路線でないと
出世できないという打算も働くでしょうしね。笑

櫻  井

この加計学園は国内問題ですけれども
ユネスコは国際社会問題です。

櫻  井
日本ではちょうどイヴァンカトランプさんがいらしてます。
今日おいでになって安倍さんともう会食もなさってるんですよ。
イヴァンカさんは、日本に来られた後
韓国には寄られないということですか?

阿比留
詳しくは知りませんが、韓国マスコミは早速
「また韓国パッシングか?!」
と反応していますね。

櫻  井
イヴァンカさんは安倍さんと非常に関係が良く
トランプ大統領の長女です。
36歳でこの美しさ、そして3人のお子さんがおり
しかも大統領補佐官で夫のクシュナーさんも
大統領補佐官なので非常に影響力があるわけでしょう?

阿比留
そうですね。

櫻  井
日本にイヴァンカさんが来られたことの
重要性というのはどう思われますか?

阿比留
日本重視の表れということは間違いないですね。
ちょうど一年前に安倍総理がアメリカのトランプタワーに出向いて、
トランプさんと会談しましたよね。

櫻  井
行きましたよねぇ。

阿比留
あの時、外国の首脳で会ったのが
安倍総理だけだったのですが
その際にイヴァンカさんが同席されていました。
イヴァンカさんは安倍総理とトランプ大統領の会談中、
それほど会話に口を挟んだわけではありませんが、
最後に「ミスター安倍は非常に賢い人だ」と、そしてトランプさんに対して
「お父さんは安倍さんの言うとおりにしてればよいのよ」
という趣旨のことを述べたと。

櫻  井
パパは安倍さんの言うとおりにしなさいとおっしゃった…と。
これって…すごいことですよね。

阿比留
そういうふうな父子関係も安倍さんにとって
財産のひとつという言い方はできるでしょうね。

櫻  井
イヴァンカさんの後にはトランプさんが来られます、
安倍さんとトランプさんは既に首脳会談を
4回されていますが電話会談になるとどのくらいされてるのでしょうか?

阿比留
十数回にはなるんですかねぇ。

櫻  井
かなり緊密ですよね?

阿比留
はい。
これはオバマさんの後半の4年間よりも既に多いと思いますね。
(トランプさんとはこの1年間でこのやりとりをしてますから)
はっきり言ってオバマさんは非常にやりにくい人でしてね、
世界中の首脳に一人も友達がいない
タイプの人でしたから総理も苦労されたようです。
しかし、トランプさんの場合ははっきり言うと安倍総理を頼っておられます。
これも無理がないことで、もともと政治家でも外交官でもないわけですから。

櫻  井
そうですね。

阿比留
各国首脳に知己もいない友達もいない状態で
安倍総理と最初に意気投合しました。
その時点で安倍さんはすでに長く首脳をやっていますので
トランプさんが、
「あいつはどういうやつだ?」
「この国はどういう政策だ?それは正しいのか?」
などいろんなことを安倍総理に聞きやすい関係となっています。

櫻  井
ではトランプさんは本当にそういう意味でのアドバイスを
安倍さんに求めていると?

阿比留
それはもう間違いないです。
細かいところまでは私も把握できていませんが、
聞くところによると…例えば、
「ムンジェインがこういうことを言っていたが安倍本当か?」
「俺はこう思うんだが安倍はどう思う?…やっぱりそうか…」
など確認するような会話が多いそうです。

櫻  井
そのような日米関係が生まれた事って初めてではないですか?

阿比留
私が知る限り初めてです。

櫻  井
今までの日米関係では、日本がいつもアメリカの顔色を伺いながら
アメリカの後をくっついていくという感じだったのに
今では首脳同士の関係でいうとかなり逆転というか…。

阿比留
安全保障関連のこともあり日米同盟が強化されました。
アメリカ自身が世界の警察官たりえなくなり、
その役割を日本に果たしてほしいと思っている。
その中でアメリカがうまく関係を結べていない国と
安倍総理はうまくやっています。
インドともうまくやり、ロシアともうまくやって安倍さんが
すべてのパイプ役になっているのが現状です。
ヨーロッパの首脳もまだトランプさんと仲の良い人がいません。
ヨーロッパとアメリカを繋ぐ役割も安倍さんがしているので
トランプさんにとって世界の窓は安倍さんで
世界にとってもトランプさんを知る窓は安倍さんであると。
今までの日本の外交史でかつてない状況であると私は思っています。

櫻  井
私もね、(ドイツの)メルケルさんとトランプさんは
上手く行ってないと言われていますが、
メルケルさんのほうから安倍さんに電話をして、
トランプさんのことを尋ねているなんてことも聞きますが…。

阿比留
前回、メルケルさんはトランプさんと会った後に、
「トランプは私と握手もしてくれなかったわ」
と総理にボヤいてたそうです。
総理とトランプさんが電話会談した後には
例えばフランスのマクロン大統領やイギリスのメイ首相などが、
日本に電話会談を申し込んでくるんですよ。
その理由はいろいろありますけれども、大きな理由としては
「トランプはなんて言ってたんだ?」
ということを安倍さんに聞きたいわけですよ。

櫻  井
なるほど。
これは本題から外れる話なのですが
こういう言い方はあれですけれども、
安倍さんて相当な「人たらし」といいますか…。
本当にいろんな首脳と会って、その人の心を惹きつけてしまう。
これはどういう資質なんでしょう?

阿比留
やはり政治家としての経験もあるんでしょうけど…
例えばね、先日もフィリピンのドゥテルテさんが来ましたけど
ドゥテルテさんが安倍さんを尊敬して
大好きだってのは見てるだけでわかるほどですよね。

櫻  井
わかりますねぇ。

阿比留
総理があるとき、首脳同士の信頼関係は
何かってことについて、このように言ってました。
それは、「相手の国内に持ってる政治的リスクを理解したうえでつきあうことだ」と。
つまり、相手側の立場。
無理を言っても仕方がないし、押し引きするにはちゃんと相手側を
知らなきゃならないと。
そういうことをちゃんと学んだうえで
相手のことを知って対話しなきゃならないと言ってましたね。

櫻  井
そのように、相手側の国の事情や首脳の立場をきちんと
把握できる総理が誕生したってことですね。
今まではなんだかわからなくて
外務省の振り付けどおりにやるって人が多かった印象なんですけども。

阿比留
わたしの印象でもほんとに内弁慶な人が多かったですよね。

櫻  井
菅直人さんなんかね…笑

阿比留 
菅直人さんは、中国船衝突事件で超法規的に
中国船船長を釈放して…当時の中国首脳は胡錦涛さんでしたか?

櫻  井
ええ。

阿比留
胡錦涛さんを呼んで横浜のAPECに来てもらったわけですよね。

櫻  井
ええ、そうでしたね。

阿比留
ところが、いざ首脳会談が始まると冒頭の挨拶から紙を読みはじめましてね。

櫻  井
私もあのシーン覚えてますよ。こういう紙を持ってね、ここに置いてね。
あなたが胡錦涛さんで私が菅直人だったらね、こうやって読んでたんですよ。

阿比留
はい。

櫻  井
それをね、後で記者団が「なんで最初の挨拶から
紙を読んでるんですか?」って質問したら
菅さんは、「だって相手の名前を間違えると悪いだろ」って答えたんですね。
中国の国家主席の名前も覚えられないのかと…。

阿比留
3・11の原発と大地震の後に
当時のフランス大統領(オランドさん)が来たわけですけども
…海江田さんがご自分の本に
「自分も同席していたけれど恥ずかしくなった」
と書かれています。
菅さんが短冊みたいな英単語長を読み上げてるだけなので
大統領は途中で退屈して自分の随行員と話しだしたそうです。

ご拝読ありがとうございました。
尚、この対談の書き起こしは、相槌を削除したり言葉の配列を変えるなど
読みやすいようカスタマイズしています。



安倍総理強すぎw
もしくは菅直人元総理っていったい…
と思われた方は下のバナーをポチっ凸✨とお願いします

     

人気ブログランキング